【ブラック企業体験談20】部下が会社に来ない、連絡がつかない時の対処法 | 業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

ブラック企業体験談、就職活動体験談、各業界で聞いたり見たりした情報などを発信するサイト

【ブラック企業体験談20】部下が会社に来ない、連絡がつかない時の対処法

      2020/04/22

4c838722dd479a9c731fcc9a245c9279_s

ブラック企業で働いていると、急に自分の部下が会社に来なくなることがあります。さらには連絡さえつかなくなることがあります。

前回は、会社に来なくなる人をケース別で紹介!でしたが、今回はどうにかなる相手に対しての対処方についてお話させていただきます。







【部下が会社に来ない】

まず会ってお話しましょう。
「何かあった?思っていることを聞かせてよ」と。
そこで具体的にどういった理由で来れなくなってしまったかをヒアリングしましょう。
話を聞いてあげるだけでも1歩踏み出せるようになるかもしれません。

以下では、ヒアリングに対して効果のあった返答をご紹介させていただきます。

仕事が辛い

「誰でも最初は辛い」「辛いのは今だけ」「能力あるのにもったいない」
入社初期は誰でもなにかしらの失敗、挫折を経験します。最初からうまくいく人はどちらかというと少ない方だと思うので、みんなも最初は辛さを経験して、それを乗り越えて、今結果を出しているんだよといったように辛い経験をしているのは自分だけではないということを伝えてあげることが大切です。また、部下にはまだまだ潜在能力があると思っているから今辞めてしまうのはもったいないよと切に訴えます。絶対に成功できると明るい未来の話をして、部下がどうなりたいかを改めて考えられるようになったらgoodです!

自分に向いていない

「能力あるのにもったいない」「今優秀な先輩も最初は全然ダメだった」
周りがみんな結果を出していて、自分だけ結果が出ていない状況を辛く感じて、自分は向いていないのではと考える人も出てきます。そういう人には、今まさに結果が出ている優秀な先輩の初期の頃のお話をしましょう。今これだけできている先輩も、入社初期は全然だめだめでした。でも、しっかりと上司の言うことを聞いて、コツコツ頑張った結果いい成績を残すことができるようになったというエピソードをお話してあげましょう。能力があってもその能力の活かし方が分からずすぐに結果が出ない人もいます。うまく能力を活かせるよう導いてあげることも上司の仕事です。

とにかく、ポジティブにさせてあげること。ポジティブにさせてあげるには、辛い気持を共有してあげること(自分ひとりだけではないということを分からせてあげる)
夢を持たせてあげること(こんな人でも優秀な社員になれた、こんなに稼いでいる人がいる、など)が大切です。

【連絡がつかない】

連絡がつかないことには話すこともできません。そんなときの対処法が2つ。

その① 直接家に行く

部下のお宅を訪問しましょう。ドア越しでもかまいません。語りかけてあげましょう。さすがに上司が足を運んできたのであれば、来ない原因がその上司にない限りは家にあげてもらえると思いますので、先ほど説明した内容を伝えてあげましょう。

その② 親に言う

連絡もつかない。家に行っても反応がないとなった時は、もう最終手段です。あまり使いたくない手ではありますが、部屋で具合が悪く倒れてしまっている可能性も0ではないので、親に報告しましょう。さすがに親の連絡を無視する人も少ないので、親から連絡をしてもらいます。会うことさえできれば、先ほど説明しました内容を伝えてあげられますので。

まとめ

本日は、部下が急に会社に来なくなった時や、連絡が一切つかなくなってしまった時の対処法をお話させていただきました。

こちらはあくまで私の経験談ですので、必ずしも良い方向にいくというわけではありません。
ただ、実際にそこで再び会社に来れるようになって、結果を残して活躍している人がいるというのも事実です。

部下が急に会社に来なくなった時や、連絡が一切つかなくなってしまった時の対処法として、実践していただけますと幸いです。

以上、参考までに。

 - ブラック企業体験談 , , ,