個別指導塾で成績上がるのか?メリット、デメリットをご紹介 | 業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

ブラック企業体験談、就職活動体験談、各業界で聞いたり見たりした情報などを発信するサイト

個別指導塾で成績上がるのか?メリット、デメリットをご紹介

      2020/03/31

勉強

塾と言えば、先生が教壇に立ち授業をする学校と同じような授業形式をイメージされている方が多いかもしれません。しかし、最近では、先生と生徒がマンツーマンでパーテーションで仕切られた机で生徒が分からないところを教える個別指導塾も急増しています。町を歩いていても個別指導塾を目にする機会が増えたのではないでしょうか。
そこで今日は、実際にいろんな個別指導塾の授業を見学させていただいた感想も踏まえまして、個別指導塾に通うメリット、デメリットをお話させていただきます。







【個別指導塾に通うメリット】

①分からないところがあればその場ですぐに質問ができる

生徒1人に対して先生が1人つきますので、分からないところがあったとしてもすぐに質問できます。また、定期テスト関連の質問も他の子に気を遣うことなくできます。集団塾でありがちな、分からないまま次に進んでしまうということもありません。
実際に授業風景を見学していると子供たちはどんどん質問していました。分からないと思った瞬間にすぐ聞くことができますし、分からなくて悩んでいて、手が止まっていたら、察知して教えてくれるかもしれません。

②1対1なので質問しやすい環境である

すぐに質問できることもメリットですが、個別指導塾は、1対1での指導ですので、他の生徒に気兼ねなく質問ができる環境です。集団塾ですと、こんなところ質問するの?と思われるのが嫌で質問を控える子もいると思います。かく言う私もそうでした。誰にも気を遣うことなく、ちょっと疑問に思ったころがあれば気軽に聞ける質問をするハードルが低いところもメリットと言えます。

③休んだ際の振替がきく

集団塾ですと、1回休んでしまうと次のカリキュラムに進んでしまいますので、追いつくのが大変です。1回休んだだけで授業の内容が理解できずモチベーションのダウンにもつながりかねません。しかも、1回の授業料のお金も無駄になってしまいます。しかし、個別指導塾ですと、本人単位なので休んでしまった際には、振替で入れてもらえるため、お金も無駄になりません。

【個別指導塾に通うデメリット】

①個別指導塾は自分との戦い。

集団塾ではライバルがいて、競争ができます。しかし、個別指導塾では比較対象がいないので、自分との戦いになります。勉強しているつもりになってしまう可能性があります。
○○君ががんばってるから自分もがんばらねば!という状況にならないので、自分に厳しくなければ成績のアップにはつながらないかもしれません。

②先生によりあたりはずれの可能性がある。

担当の先生の指導力に依存してしまうため、指導の質が低い可能性があります。中にはアルバイトで大学生を雇ってやっているところもあります。塾の講師には教員免許が必要ないので、もちろんある程度学力のある人を雇っているとは思いますが、指導についての資格を持っているわけではないので、先生によって差はあると思います。
また、先生の比較もできないので、その先生が自分に本当に合っているのか、指導力は問題ないのか分からないまま進んでしまう可能性があります

③緊張感の無さが生まれる。

実際の授業を見学していると先生との距離感が近すぎるがために、集中力が切れるとすぐにおしゃべりしてしまう様子が見受けられました。また、塾にもよりますが、緊張感無さが生まれてしまっている分、お菓子を食べながら勉強している塾も中にはありました。

まとめ

今回はいくつかの塾の授業の様子を実際に見学させていただいた体験をもとにお話させていただきました。個別指導塾とはいっても、一括りにできないくらい、各塾で指導方針や、やり方が異なっていますので、実際に体験授業や資料請求をして事前に子供に合う環境なのかどうかをご判断いただければと思います。

以上、参考までに。

 - , 教育業界 , ,