【ブラック企業体験談9】入社初期すぐに結果のでる人の特徴とは? | 業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

ブラック企業体験談、就職活動体験談、各業界で聞いたり見たりした情報などを発信するサイト

【ブラック企業体験談9】入社初期すぐに結果のでる人の特徴とは?

      2020/04/22

344aefc14e6a44853b9d3935745d021a_s

ブラック企業で働いていると社員の入れ替わりが激しいので、次から次へと新入社員が入ってきます。入社してきた人の印象はそれぞれですが、すぐに結果に差がでてきます。前回の記事では、入社初期に結果のでない人の特徴をお話させていただきました。
そこで今回は、入社初期に結果がだせる人の特徴をお話させていただきます。







入社初期から結果が出る人の特徴

①危機感をもっている

結果が出ている人は、常に死と隣り合わせの危機感をもって仕事に臨んでいるなという印象を持ちました。仮に完全歩合制の仕事の場合、結果がでないと給料は全く出ません。そうなると家賃も光熱費も払えませんし、ご飯も食べれません。仮に、家族がいたら養うことができません。私の会社は完全歩合制ではありませんでしたが、完全歩合制なのかというぐらいの勢いです。
私の会社は幸い固定で給与が出るので、そこに甘えて、なにも考えずにだらだらやっている人は危機感を持っている人と比べると目に見えて差がひらいていきました。はやく昇格して、稼がなければ、死ぬ。そのくらい強い思いが必要です。

②考えて、行動する

言われたことをやることはもちろん重要ですが、その言われたことの範囲内で、あれこれ考えて、行動にうつすことが重要です。なにも考えずにただ仕事をこなすだけでは、成長はありません。結果が出ている人は、言うことを聞きながらも、その範囲内でそういう発想ができるんだと驚かされることがあります。きちんと言われたことを守りつつ、考えて、行動してみることが大事です。

③愚直に取り組む

入社初期から結果が出ている人はとにかく愚直です。言い訳はしません。言われたことを守り、思案し、準備をしっかりとして、練習して、と成長と結果への最短ルートで進んでいきます。あれこれ言い訳したり、他責にしている人は、スタートで出遅れています

④アンテナを張っている

入社初期から結果が出ている人は、常にアンテナを張っています。仕事で使えそうな情報を町を歩いているときに収集したり、なんとなくテレビを見るのではなく、使えそうなネタがあればすぐに自分の知識として取り入れています。

⑤恥も外聞もなくとにかく聞く

入社初期から結果が出ている人は、とにかく聞きます。結果の出ている人のところに恥も外聞もなく聞きにいきます。なにか気になることがあれば、疑問になっていることがあれば、これをやったらいいかもしれないと思ったら迷わずすぐに聞いています。ふと思った疑問を自己解決せずに、ちゃんと聞くことで、正しいか、間違っているかをすぐに確認ができるので、最短で成長の道を歩めるわけです。自己解決して、それが間違った方法だとしたら当然結果は出ません。

まとめ

今回は入社初期から結果が出る人の特徴をお話させていただきました。
現状結果が出ていない人は、実践できていないことはなかったですか?
言い訳したり、準備を怠ったり、なにも考えていなかったり、他責にしたりしてないですか?素直に言うことを聞いていますか?恥も外聞も捨てて質問していますか?
今一度自分の行動を見直してみてください。そして、改めてなぜ今の会社に入ったのか、自身ががんばる理由を考えてみてください。そうすることで、自ずと危機感を持って、考えて、愚直にやれるはずです。

以上、参考までに。

 - ブラック企業体験談 , ,