【ブラック企業体験談8】飲み会には参加することが会社で生き残る道? | 業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

ブラック企業体験談、就職活動体験談、各業界で聞いたり見たりした情報などを発信するサイト

【ブラック企業体験談8】飲み会には参加することが会社で生き残る道?

      2020/04/22

d1d6a3e13d9ed582c352774a145ba0dd_s

ブラック企業で働いていると辛いことばかりですが、そんな環境下でも長く生き残っていく秘訣に関して、私が考えている持論があります。これは私が以前の会社で丸7年勤務して、実際に体験し、思ったことです。

それは、タイトルにも書いていますが、

「飲み会には参加しなさい!」です。

いや、お酒嫌いだしとか飲み会がそもそも嫌いという方ももちろんいらっしゃると思います。そういった方には、このお話を聞いていただき、今後飲み会に参加した方がいいかもと前向きに考えていただけると幸いです。







なぜ飲み会に参加しろ!なのか?

①気持ちを共有できる

辛い気持ちを1人で抱え込み、誰にも相談できぬまま辞めていく者がたくさんいました。飲み会に参加することで、その気持ちを共有することができたり、その気持ちを踏まえてアドバイスをもらうことができます。話を聞いてもらえるだけでも全然違います。
また、飲み会を全力で楽しむことで、その鬱な気持ちを取っ払い、また明日からがんばろうという気持にもしてくれます。何度も参加し、先輩や同期、後輩との関係が親密になる内に自身のちょっとした変化にも気づいてくれて、声をかけてくれるようになりました。飲み会には別の部署の人も参加していたので、別の部署の方からも声をかけてもらえるようになったのは嬉しかったです。

②困った時に味方になってくれる

①でも申しましたが、先輩や同期、後輩との関係が親密になる内に
自身のちょっとした変化にも気づいてくれるようになるので、怒られて沈んでいる時や、結果がでないでうなだれている時に声をかけてくれます。ここで声をかけてもらえるか、1人で悩むかというだけで、だいぶ心境が変わってくるのかなと思います。
また、同じ部署の上司や仲間が助けてくれたり、アドバイスをくれるのは当然ですが、部署の垣根を越えて別の部署の人が助けてくれることも増えました。それでちょっと結果に結びつくと自分のことのように喜んでくれました。これは飲み会に参加して、盃を交わしたからこそであります。

③人づきあい力の向上

飲み会に参加することで、社会での立ち回りの簡単なお勉強ができます。なんだよそれと思われる方もいらっしゃると思いますが、先輩との飲み会に参加時の自身の立ち回りや、飲み会での自分に対しての後輩の立ち回りなどでどう動くことが正解なのか学べる機会でもあります。社会人になるとそういう経験を多く積んで中途で入社してくる人もいるのでとても勉強になったこともあります。それはお客さんを接待するときにも活かすことができますし、今後会社を辞めて次のステージに進んだ時にも役立てることができます。私は今フリーランスですが、その時に学んだ立ち回りが接待ですごく活かされているなと実感しております。

④新たな自分の発見

飲み会に参加することで新たな自分を発見できるかもしれません。もちろん酔っぱらった自分の姿のことを新たな自分と言っているわけではありません。
お酒の力も相まって、色々な話をしたり、芸をしたり、いじられたりすることもあるでしょう。その返しで意外と自分自身の新たな一面を知るきっかけになるかもしれません。意外と話上手だったり、意外といじられキャラだったり、意外とモノマネが上手だったり、意外と酒豪だったり。新たな自分を発見することで自信が持てるようになり、また、そのキャラが確立したら、会社の人たちもより接しやすくなり、より声をかけてもらえる機会も増えるかもしれません。

まとめ

今回は「飲み会には参加しなさい!」というテーマでお話させていただきました。もちろん飲み会に参加していなくてもうまく立ち回る人もいますし、結果を出している人もいます。ただ、ブラック企業で働く中で、辞めていく人の傾向は飲み会にあまり参加せず、あまり社内の人と交流がないそんな人が多かったのです。

今回のお話を聞いて、お酒嫌いな人が勇気を持って1歩踏み出していただけると幸いです。
ただ、飲みすぎは注意ですよー!

以上、参考までに。

 - ブラック企業体験談 ,