【ブラック企業体験談25】労務管理がずさん?サービス残業の実態 | 業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

ブラック企業体験談、就職活動体験談、各業界で聞いたり見たりした情報などを発信するサイト

【ブラック企業体験談25】労務管理がずさん?サービス残業の実態

      2020/04/22


ブラック企業で働いていても、月末には一応勤務記録表をつけています。
お、ちゃんとしてるじゃんと思われた方、ブラック企業を甘く見てはいけません。
今日は、労務管理、残業の実態について実体験をもとにお話させていただきます。







勤務状況

私が入社した会社はブラック企業だったわけで、こちらの記事(【ブラック企業体験談1 】残業なしは嘘?ブラック企業の見分け方とは?)でもご紹介させていただきましたが、少しおさらいしてみましょう。

私の会社の場合は

・終電にはもちろん間に合わない
・帰宅したら某朝の情報番組がスタート
・残業代は固定給に含む
・月の休み平均5日 土曜出勤は当たり前。日曜も状況によっては出勤。
・会社に泊まることもしばしば

といった感じです。

絵に描いたようなブラック企業っぷりです。

ちなみに、表に出している勤務時間は、8:30~17:30(12:00~13:00昼休憩)

でした。

そう考えると、私の場合残業時間は1日だいたい終電まで働いたとして、7時間残業していたわけです。もちろん終電をこえる日も多々ありましたので、7時間以上残業している日もありました。仮に7時間残業で週5日勤務だとすると1週間あたり35時間残業し、1か月を4週で計算すると140時間残業していたことになります。
実際は土曜日もやっていたので少なく見積もって140時間といったところでしょうか。
すごく働いています。残業時間140時間オーバーです。残業代がもし出るのなら、けっこうな額になるのではと期待しますよね。
ところが、そんなに甘くないのがブラック企業です。

勤務記録表

月末最終日には一応定時がくると経理の都合上勤務記録表を記入する時間になります。
けっこうな残業時間になりそうだなと思っていると、上司が先に書いた勤務記録表がまわってきました。
「これと同じ内容で書いてね♡」と。
そこには、勤務時間も残業時間もすでに書かれていました。
「え?」と思いましたが、反論する余裕もなく言われるがまま同じ内容で記入し、提出しました。

その記入した内容とは、毎日定時プラス2、3時間残業して、19時半か20時半には業務を終えているていのものでした。140時間あったはずの残業時間が100時間削られ約45時間くらいになっていました。実態とはまったく異なる内容です。でも、残業0というわけではない、少しばかり残業代が出るならいいかと思って、1回心を落ち着けました。
まぁ冷静に考えて残業時間140時間という異常な数字を書いて提出できるわけないか。
悶々としながら残業代が少しでも出るという一縷の望みで給料日の15日を待ちました。

残業代の給与反映

5月に入りついに初任給です。
※大手企業に入られた方は理解できないかもしれませんが、4月に初任給は入りません。

給与明細をいただきました!

開封しました!

・・・・・

・・・・・

残業代入ってない!

そうです。一切残業代は入っていませんでした。基本給のみでした。

その後すぐに発覚したのですが、
固定給に残業代45時間分含むと雇用契約書を書く際に説明されていたとのことです。
覚えていない自分にも落ち度はありましたが、残業140時間が0になった衝撃はかなりのものでした。
あまりの衝撃に落ち込みました。
「あぁ、だから残業時間45時間以下に調整してたのね」
ただ入社1か月目の給料だし、まだ大きな結果も出していないし、仕方ないかという気持ちもあり、すぐに頭を切り替えました。
一種のマヒ状態です。休みもないので友達と会う機会もほとんどなく、その異常事態に気づけるはずもありませんでした。

まとめ

今日は、ブラック企業の労務管理、残業の実態について実体験をもとにお話させていただきました。今思うととんでもない状況に巻き込まれていたと思います。よく過労死などがテレビで取り上げられ、労務管理問題が取り上げられていますが、他人事ではないです。
もしかしたら自分も同じようになっていたかと思うとゾッとします。
ブラック企業は世の中にたくさんあると思いますが、残業時間の改竄は頻繁に起こっているのかもしれませんね。ちなみにその残業時間は、約3年間続きました。
でも、私がいた会社は、今ではすっかり労務管理の厳しい会社になりましたとさ。
そんなホワイト企業に変わっていく様も今度お話させていただきますね。

以上、参考までに。

 - ブラック企業体験談 ,