【ブラック企業体験談23】 ブラック企業のここが辛いランキング | 業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・ブラック企業体験談・就職活動の経験談発信サイト

ブラック企業体験談、就職活動体験談、各業界で聞いたり見たりした情報などを発信するサイト

【ブラック企業体験談23】 ブラック企業のここが辛いランキング

      2020/04/22

005bc446aa5138424da405e3bc61b645_s

ブラック企業で働いていると得ることもたくさんありますが、辛いこともたくさんあります。そこで今回は、ブラック企業で働いている中での、リアルなここが辛いランキングをお話させていただきます。







ブラック企業のここが辛いランキング

ランキングを5位から発表させていただきます。

第5位 連ドラ含むテレビ番組がほとんど見れない

連ドラをやっている時間に家に帰れませんので、基本的に連続ドラマをリアルタイムで見ることはできません。話題になっているドラマの話を他の会社で働く友達がしていてもその話に参加できません。録画をして見ようとするも仕事が忙しすぎて週末までは見れませんし、その間にネタばれを目にしたり、耳にしたりすることもしばしば。ドラマ興味ない人には関係ないですが、ドラマ好きだった人にとっては大ダメージです。ドラマもそうですが、当然ながらゴールデンタイムの番組も節目、節目の特番も見れません。仕事でインターネットは見られるのである程度の情報が入ってきますが、エンタメ情報にはかなり乏しくなってしまいました。

第4位 休みが寝て終わる

毎日遅くまで全力で働き、ようやく休日を迎えます。しかし、その時には全力で長時間働いてきた分、体力がほとんど残っていません。
朝から体がだるく、疲れて、体が動かない・・・
休みの日は1日中寝て、ゴロゴロして終わってしまうこともしばしば。
気づいたらサザエさんが始まっており、もう夕方か・・・と愕然とします。
結局録画していたドラマも見ることができず、気づいたら録画がたまってしまって見る気も失せてしまいます。これも仕事に慣れてしまえばそういう日も減ってきます。ただ、入社初期のころは寝て終わることがほとんどでした。

第3位 恋人に会えません

毎日遅くまで仕事漬けのため、恋人に会えません。また、休みが少ないのでなかなか恋人とデートをしたり旅行にも行けません。
仕事が終わるのが遅く、恋人に会えないということを理由に退職していく人や、全然会えなくなってしまって、恋人にフラれる人もしばしば。フラれたことが原因で退職していく者もいました。理解のある恋人だったり、うまく時間を作れる人であれば問題ないみたいですが、なかなか難しいみたいですね。特に入社初期の会社環境に慣れないといけないタイミングが1番フラれる人多いです。遠距離なら尚更です。初期の仕事が辛い時期に恋人に振られてしまうWパンチです。けっこうダメージはでかいと思います

第2位 結果が出ないときのいたたまれなさがすごい

仕事で結果が出なくていたたまれないのはどこの企業も同じだと思いますが、比較的スタートアップに近い企業の場合、人数も少ないため結果が出ないと、会社の利益に直結しているのでけっこうこたえます。その分、上司のあたりも強く、いたたまれないです。自分自身結果が出ないことの辛さに加え、会社そのものにもダメージがいっているということに耐え切れず辞めていく者もたくさんいました。

そして、第1位は・・・

第1位 寝れない

これは特に入社初期の話ですが、とにかく寝れません。それは、寝る時間がないということもそうですし、常に不安がつきまとうので心理面でも寝れません。仕事が終わる時間が終電間際か終電が過ぎてからになりますので、帰って一応軽くご飯食べて寝ようとするとけっこうな時間になっています。しかも、朝も業務開始時刻よりもはやく行って、会社で準備をしなければならないの寝る時間はほとんどありませんでした。休日は疲れがたまって爆睡できるのですが、平日は翌日への不安であったり、寝坊してしまう恐怖から心理面であまり寝られませんでした。本当に辛かったです。よって1位とさせていただきました。

まとめ

今回は、ブラック企業で働く中でのリアルな辛いランキングを発表させていただきました。
辛いことも多いですが、得るものも多いのがブラック企業です。
就職活動をされている方は、これまでのブラック企業体験談の記事を1つの企業選びの指標にしていただけますと幸いです。

以上、参考までに。

 - ブラック企業体験談 , ,