業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

ホームページデザインが悪い?依頼時期によって同じ制作会社でもクオリティが下がる件

   

01df0a3ba569f249a707362f3d0a71d7_s
ホームページの提案にきた営業マンが見せてくるサイトの事例はやはりいいものばかりを見せてきます。

ただ、その事例を見て、何も考えず契約してしまうと、

結果、必ずしもそのWEBデザイナーがつくるわけではないので、とてもクオリティが低く、クレームになるケースがあります。

そこで今回は、ホームページを依頼する際の注意点を今回はお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

ホームページを依頼する際の注意点

その① ホームページ事業を始めてからどれくらいの期間経過しているか

ホームページ事業を始めたての会社は、デザイナーのスキルがまだ低いケースがあります。
いきなり優秀なWEBデザイナーを抱えているところもそう多くはないので、
実際にホームページを作りながらスキルアップをさせている会社もけっこうあります。
なので、ホームページ事業ができたての会社の場合で且つ、新人WEBデザイナーが作業を行った場合は
非常に低いクオリティであがってくることもあります。
営業マンが提案に来た際は、その事業部が立ちあがってからどれくらいの期間が経過しているか、
今回担当のWEBデザイナーはどれくらいの経験値がある人が担当するのか、
その人が担当したデザインはどのレベルのものか事例を見せてもらったり、
深く突っ込むようにしましょう。

その②ホームページは内製か外注か

割と小さめのWEB会社ですと、自身の会社ですべての作業を行うことができず、
デザイン制作を外注しているケースがあります。
依頼主様自身があまりこだわりがなさそうや、あまり文句を言わなさそうと業者サイドに判断されると
デザイン制作料が非常に格安なところに依頼されて、とんでもないクオリティのサイトが出来上がる
可能性があります。
また、WEB会社の内部事情として、デザインを外注している場合は、何度もデザインの修正を依頼しにくい
というところもありますので、そうなると気に入らないデザインにも関わらず、そのデザインで押し通そうと
されるケースもあります。
なので、そのWEB会社はホームページを内製しているのか、外注しているのか聞くようにしましょう。
また、①でも話しましたように、WEBデザイナーの事例を見せてもらい、このデザイナーがいい!といったように
指定するようにしましょう。

その③デザインの修正をきちんと聞いてくれるか

WEB会社の内部事情で、外注をしているというお話をさせていただきましたが、
業者によってはそのことを内緒にしているケースもあります。
そこで、内製ですと言い張る業者には、
1、事例を見てのデザイナーの指定はできるのか?
2、デザインが気に入らない場合とことん修正はしてくれるのか?
を確認するようにしましょう。
きちんと書面にも残しておくといいかもしれません。

まとめ

今回は、依頼時期によって同じ制作会社でもクオリティが下がる件についてお話させていただきました。

今まで多くの会社を見てきましたが、やはり事業始めたての会社や、起業したての会社は、
デザインのクオリティが低く、年数を踏むごとに、実績を踏むごとにクオリティが上がってきております。

ですので、依頼時期によっては、いい事例を抱えている会社でも、新人デザイナーが作成したり、格安でWEBデザインを請け負う会社に外注しているケースもありますので、
しっかりと依頼主はこだわりがあること、事例をもとにデザイナーを選ぶこと、修正はちゃんとしているかを確認すること、書面に残すことを意識しましょう。

以上、参考までに。

 - ネット広告業界