業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

ホームページ制作で挫折しない、wordpressの教科書のベストな使い方とは?

   

7006fdf6ff14f7af1a6636be69bd717f_s
以前、「wordpressでサイト作成ができるようになる第1歩!オススメの参考書とは?」
で、テーマを使って簡単にホームページの制作ができるお話をさせていただきました。

今回は、その枠組みにとらわれず、自分でテーマから作成をしたい方向けの参考書
「wordpressの教科書」についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

まず、自分の経験談として、いくら第1歩のオススメの参考書をやったとしても
「wordpressの教科書」をその次で手にしてしまうと、
かなり多くの方が挫折してしまわれると思います。

その理由としては、

①ただ、教科書通り進めるだけで根本は理解できていない
②教科書通りやっているのに、修正されない
③分厚い・・・最後までやれる自信がなくなる

といったように主に上記の3点で挫折してしまいます。

教科書通りやっていると確かに、サイトとしての形はできてきますが、
どこをどう修正したからそのように表示されているかなど、
根本を全く理解していないため応用が利かない状態になってしまいます。

応用が利かない状態なので、教科書通りコピー&ペーストでやっているにも関わらず、
全然修正されないとなった時に、打開策が分からなくなってしまい結果挫折してしまいます。

また、それが序盤であればあるほど、分厚い教科書なので、このペースで進めていて、
最後までいけるはずがない。
こんな序盤でつまずいて、最後までいけるはずがないと自信を失ってしまい、挫折するというケースも多々あります。

各言う自分自身も教科書通り進めていってるにも関わらず、教科書通りに変わらない事態に陥ってしまい、どこをどう変えてよいか完全に手詰まりに・・・
結果挫折しました。

それから、その教科書を見なくなり、約1年が経過しました。

結局、教科書にはたよらず、インターネットで調べながら、ワードプレスでテーマから
ホームページの作成を行いました。

インターネットだと、割と同じ悩みを抱えている人も多く、壁にぶち当たった時の解決が早く、いきなり教科書を手にとってしまった時よりも、さくさく作業を進めることができました。

そんな時に、ふと「wordpressの教科書」を手にとってみると・・・

むっ?内容が分かる、分かる!!!

昔見ていた本と同じものとは思えないくらい、内容が分かりました。

それからは、実際にサイト制作でつまづいた時に、wordpressの教科書を開くようにして、
作業を行うようにしました。

インターネットで調べて進めていた時以上にさらにはかどる、はかどる。

ベストな使い方を見つけることができました。

まとめ

「wordpressの教科書」は、いきなり、テーマを作成する時に手にすべきものではありませんでした。
実際にサイトを作りながら、参考書として使う!
それがベストです。
「wordpressの教科書」をいきなり手にとって挫折してしまった人!
あきらめないでください。
きちんと手順を間違えずに進めていただければ、あなたも理解することができます。

以上、参考までに。

 - WEB制作業界