業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

就活のグループディスカッション!自分の意見のゴリ押しは落とされる?

   

9d2a267c906373f65d8ad3bb638638c9_s

就職活動では、すべの会社ではないですが、選考過程で、
GD(グループディスカッション)を導入しているところがあります。

そこで今日は、就職塾の塾長に聞きました、グループディスカッションに
ついてお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

グループディスカッションとは?

まず、グループディスカッションですが、
だいたい5、6人のグループにある議題が課され、
制限時間以内にその回答を出すというものです。
その中で、議長を決めたり、書記を決めたりします。
その議論の様子を企業側が見て、選考を行います。

議長になることは重要?

議長とは、そのグループの意見をまとめあげるスキルが求められます。
その分、選考の通過率は高いです。
まとめる自信がある人、アピール上手な人は積極的に議長になりましょう。
ただ、議長になったからといって必ずしも通過するわけではないですし、
議長にならなかったからといって選考で落とされるということはありません。
重要なのは、話し合いの中身と役割です。

役割として聞き手に徹するは?

聞き手に徹することは論外です。聞き手に徹しても、そのグループディスカッションという場においてはなんの意味もないです。しっかりと自分の意見を言いましょう。
ただ、意見を言いながらの、聞く姿勢はとても重要です。

自分の意見を言うだけでは落とされる?

けっこうグループディスカッションの盲点になるのですが、
たくさん意見を言ってアピールしようという思いが強すぎてしまい、
他の人が意見を言ってもそれをすべてないがしろに、
何がなんでも自分の意見をとにかくゴリ押すようなことをしてしまうと
せっかくたくさんの意見を言ったとしても、選考で落とされてしまう
可能性が高いです。
しっかりと他の人の意見をくみ取った上で、自分の意見を言うことが
ベストです。他の人の意見のよい部分と掛け合わせて最高の回答に持って
いくことがグループディスカッションではなにより重要です。
アピールしなければの気持ちが強すぎて、自分の意見をとにかくゴリ押すようなことに
ならないように注意しましょう。

まとめ

今回は、就職塾の塾長に聞きました、グループディスカッションについてお話させていただきました。

グループディスカッションが苦手な人もいると思います。
でも、折角そういった選考を経験できるわけですし、
その選考にモレたからといって死ぬわけではありませんので、
当たって砕けろの気持ちでのぞんでみてはいかがでしょうか。

意識してほしいことは、ただの聞き役はNGであることと、自分の意見のゴリ押しです。

しっかりとみんなの意見をくみ取った上で、最高の答えを出してください。

以上、参考までに。

 - 就職活動