業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

就活の集団面接!1番初めに手を挙げることは内定への近道なのか?

      2016/05/11

dc5b1f2199dbbbe4950f81f731c32ddc_s
就活シーズン真っ只中。
面接もスタートしている方も続々といらっしゃると思います。

数ある企業の中の採用活動の中で、面接の種類の一つに集団面接というものがあります。

今回は、就活塾の塾長に聞く、集団面接についてお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

集団面接とは?

まず、集団面接とはですが、企業側の面接官1名に対して、就活生側複数名の場合と
企業側複数名対就活生側複数名の場合があります。
企業側からの質問に対して、順番に答えていくパターンと、企業側の質問に対して
挙手形式で質問に答えるパターンなどがあります。

1番初めに手を挙げるべきか?

企業側の質問に対して、挙手形式で質問に答える場合、1番初めに手を挙げるべきか
否かを就活塾では、聞かれることが多々あるそうです。

企業にもよりますが、積極性を重視している会社であれば、すぐに手を挙げるということは重要のようです。ある就活生が、説明会や面接時では誰よりもはやく手を挙げることにとにかくこだわり続けて、数多くの内定を勝ち取っていました。
就職活動も、内定、お祈りの波の連続ではありますので、へこまないためにもある程度の勢いは重要です。
ただ、その彼自身に関しては、その即挙手によって失敗したケースもあったとのことです。

すぐに挙手をするデメリットは?

すぐに挙手をするという時点では、企業側には積極性や、印象に残りやすいという点でとてもアピールにはなります。
ただ、質問に対して、的外れな答えを言ってしまったり、全く内容のないことを言ってしまったりすると逆効果になり、返って、悪い意味で目立ってしまい、面接試験を通過できないケースがあります。積極性がアピールできる反面、1歩間違えると落とされ候補の1人になってしまいます。

まとめ

今回は、就活塾の塾長に聞く、集団面接についてお話させていただきました。

集団面接において、面接官の記憶に残れるよう、誰よりも早く手をあげるという
積極性はアピールになります。その上で、的を射た内容をしっかりと話せることで
内定への道は近づきます。

どんなに内定を勝ち取っていた人でも、すぐに挙手するメリットがある半面、失敗するとその企業への内定から少し遠のいてしまう可能性もあるため、しっかりと企業を見極めて悔いのない就職活動をしてください。

以上、参考までに。

 - 就職活動