業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

いらないものはいらないと断れる!そんな人は営業をよぶべき!

      2016/03/30

07eb46683d89981037de1b55d3ab3240_s

前回、「断る自信がない!そんな人は営業マンを家にあげるべきでない!」といった内容で
お話をさせていただきました。

今回は、逆に、いらないものはいらないと断れる人は営業を呼ぶべきであるといったテーマでお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

いらないものはいらないと断れる!そんな人は営業をよぶべき!

営業マンを呼んで、断れないのであれば、呼ぶたびに契約で訳の分からないことになります。

しかし、しっかりと断れる人にとっては営業マンを呼ぶメリットがあります。

メリットその① 市場の動向がわかる

提案にきた商品がいかに良いものかを伝えるために
現在の市場でどれくらい伸びてきているかを
お話してくれる営業マンが多いと思います。
そこで現在どういった商品やサービスが伸びてきているのか
何がこれからくるのかを勉強することができます。

メリットその② 他業界の傾向がわかる

例えば事業をやられている人でしたら、
同業他社もやっているという紹介から、
他社事例などを案内する営業マンが多いと思います。
そこで、同業の人がどういう広告をやっているのか、
どういう商品を扱っているのか、お客さんのために導入している
サービスなど、いろいろと最近の傾向を知ることができます。
競合他社で売り上げが伸びているところがやっているサービスや
商品を知ることでそれをまねてみようというきっかけになったり、
あの有名なところがやっているサービスをこのエリアでもやったら
同業他社を出し抜けるかもしれない。など得られるものも多いです。

メリットその③ 1番最安値で購入、契約できる

営業マンがすぐに来て、すぐに契約しない人、断れる人は
同じ商品、サービスを扱っております同業の営業マンを
次々に呼ぶことができますので、その中で、1番最安値のところと
契約することができます。
営業マンに騙される傾向としましては、料金相場であったり、
その商品の市場価値が分からないまま、断れず契約してしまったというケースです。
ただ、断れる人は、営業マンを呼ぶことで、市場の動向や料金相場、商品価値を知ってますし、最初の営業マンの話をもとにインターネットで検索してより知識を高めた状態で
次の営業マンを呼んだりすることができますので、その商品を適正かつ安い値段で得ることができます。
訪問販売で商品を売りつけられた際も、その商品が本当に欲しいものであれば
一旦カタログだけもらって、今はインターネットの時代ですから、検索してみましょう。
同じ製品レベルで、もっと安い物はあるはずです。

まとめ

いらないものはいらないと断れる人は、営業を呼ぶべきであるといったテーマで今回はお話させていただきました。

テレアポで来た営業マンや突撃できた訪問販売の営業マンが紹介しれくれた商品が
本当にいいものだったとしても、1度は情報収集スタンスでお話を聞きましょう。
やはり、すぐに購入、契約をしない断れる人が損をしないという傾向があります。

なので、いらないものはいらないと断れる人は、営業を呼んで、自身のために情報を集め、
最適なものを最適な価格で購入しましょう。

以上、参考までに。

 - ネット広告業界