業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

歯科用のCT(レントゲン)も一般の家電と同じ?CTの進化により、親知らずもサクッと確実に治療できるようになった話。

   

fa5fd7b5dc0f3c050da9a774b9b36057_s

歯科用のCT(レントゲン)事情を歯医者の院長先生から聞きましたので、
今日は先生から聞いたお話をもとにお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

歯科用のCT(レントゲン)も一般の家電と同じ?

歯科用のCT(レントゲン)とは、
コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。歯科用CTとは、近年開発された歯科に特化したCT装置で、コーンビーム方式を用いているためコーンビームCTとも言われています。

主に、インプラントや親知らずの抜歯などの治療の際に用いられます。

その院長先生は7年前に歯科用CTを導入しました。

決して安くない買い物で、その時は最新の物を購入したので、ずっと使ってやろうと思っていたそうです。

最近になっても特にそのCTで不自由はしていなかったそうですが、年々CTも新しいものが出てきて、最新の歯科用CTの営業が来た際にそのあまりの機能の素晴らしさに最新のものを購入することを決めたそうです。

テレビとかパソコンと同じで、次から次へと新しいものが出てきて、
しかも、機能もどんどん進化していき、買い換えていくと思いますが、
CT(レントゲン)も
「家電と同じではないか」と。
今回のは3D機能付きです。テレビと同じです。

でも、価格は一般家電とは比較にならない1000万円オーバーです・・・

親知らずもサクッと確実に治療?

この3D機能付き最新CT(レントゲン)の導入により、
細部を様々な角度から見ることができるので、親知らずの治療なども、これまでは丁寧に、探り探り、時間をかけて進めていたそうですが、ピンポイントでどこを治療すべきか把握できるので、親知らずなどの治療が、これまでより時間も短縮でき、より正確にできるようになったとのことです。

どんどん使いたいので、どんどん患者さんに来てほしいとやる気満々でした。

まとめ

今日は、歯医者の院長先生のお話をもとに、歯科用のCT(レントゲン)も一般の家電と同じお話と、そのCTの導入により、治療の時間短縮、精度が向上したというお話をさせていただきました。

全ての歯の痛みの原因が歯科用CTレントゲンでわかるわけではありませんが、
CTレントゲンを導入することで、患者さんの歯の状況を細部まで把握することができるようになり、大幅に治療の精度や安全性が向上したとのことです。

大きな病院とかですと、1回の歯のCT撮影で15000円程かかるそうですが、その医院で導入している歯科用CT(レントゲン)の場合は5000円くらいで撮影できるそうです。

もし治療が長引いたり、原因の分からない歯痛が続く場合などは、一度歯科用CTレントゲンで撮影してもらってはいかがでしょうか。

以上、参考までに。

 - 医療業界, 歯医者