業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

ネット広告業界はここが怖い!ランキング形式でご紹介します!

      2016/03/18

6eda77470bd4d235e6fc02b28e4fd14b_s

ネット広告業界。

これまで、ネット広告会社の選び方や付き合い方をお話させていただきました。

そこで、今回は、ネット広告業界のここが怖いというお話をランキング形式でお伝えさせていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

ネット広告業界のここが怖いランキング

第3位 嘘をつく

契約をとるためにはと営業マンは嘘をついてくることもあります。
その営業に来た社員の歴にもよりますが、
反響が出ます。お客さんが何人増えます。といった嘘に始まり、
ひどいものですと、営業マンが結果を残すために、自分で払います!
と言い出す始末です。その営業マンがずっとその会社にいるとも
かぎりませんし、大概トラブルになります。
営業マンが言うことをすべて鵜呑みにせず、気をつけるようにしょう。

第2位 逆ギレされる

やれ反響がでなかった、契約してからお客さんが一人も
来てないとクレームを言い続けているとなぜか逆ギレされるケースがあります。
「そこまで言ってない!」「できるなんて言ってない!」といったように。
言った言わないの争いになります。
けっこうレアなケースではありますが、実際に発生し、トラブルに
発生してしまうこともあります。

そして、第1位は・・・・

第1位 倒産する

第1位は、まさかのネット広告業者の倒産です。怖いですね。
仮にホームページを業者で作成した場合、そのホームページ制作業者が
倒産してしまうと、もう何もできません。修正したくてもできません。
ドメインの所有権も業者が持っているケースがあり、そうなると
ドメインも資産価値があるものとして、譲り受けることができないことも
あります。弁護士を介して、かろうじてホームページのデータをもらえる
こともあるかもしれませんが、連絡がつかないまま泣き寝入りせざるをえない
ケースも発生しております。
現状かなり多くのネット広告業者が生まれておりますが、倒産している企業も
かなりあるのが現状です。その業者は信用に足るものなのか、これまでの会社の概要は
しっかりと見るようにして契約をしましょう。

まとめ

今日はネット広告業界のここが怖いというお話をランキング形式でお伝えさせていただきました。

ネット広告業界との付き合い方としては、
・営業マンの言うことをすべて鵜呑みにしないでください。
・後々言った言わないのトラブルにならないように、言ったことには責任を持ってもらえるよう記録は残すようにしましょう。
・そして、倒産する可能性もなきにしもあらずなので、きちんと、その会社の業歴や概要などはしっかりと知った上で契約するようにしましょう。

以上、参考までに。

 - ネット広告業界