業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

大学受験に失敗。落ち込まず、自分に合った予備校探しを早急にすべき!

      2016/03/18

b4531233b250804f287b9a062c243f73_s

センター試験に失敗。そのあとの2次試験もうまくいかず浪人が決定したあなた。

落ち込んでいる暇はないです。来年の同じ時には笑っていられるように、
今すぐ行動しましょう。

今日は実際に浪人した経験談を交えながらお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

センター試験。あの独特の緊張感の中でのテストに全員が全員うまくいくわけがありません。

模試ではうまくいっていたが、センター試験本番でまさかの失敗をしてしまった人もいるでしょう。

その落ち込んだ状態のまま2次試験も失敗し、浪人が確定している人もそろそろいる頃ではないでしょうか。

浪人確定。嫌だ。最悪だ。人生終わった。

と、落ち込んでいるあなた。

落ち込む必要はありません。

落ち込んでいる暇があったら、来年の今頃笑えられるよう早急に次の動きを考えましょう。

1年間自宅浪人するのもいいですが、やはり環境を変えて勉強することも大事なので、予備校に通うのもいいかもしれません。

予備校では受験のノウハウや対策もたくさんありますので、浪人後、志望校に最短で行きたいのであれば予備校に行くべきです。

勉強の習慣であったり、テストさながらの緊張感、切磋琢磨できるライバルなど、自宅学習では身につかなかったり、経験できないこともたくさんあります。

自宅ではついつい怠けてしまうところも、予備校であればある程度、勉強を強制される環境下でもありますので、そこでうまく勉強を習慣化させていくことができます。

予備校に関しては、以前「性格から選ぶ?3タイプの大学受験予備校の選び方」
お話させていただきました。

あなたのタイプに合わせて、予備校選びをしましょう。

まとめ

実際に浪人して大学に入った経験から申し上げますと、
浪人して大学に来ている人は思っていた以上にたくさんいました。

また、苦労して浪人して大学に入ったからこそ、
その1年を取り返そうと、必死に大学で勉強したり、サークル活動に
アルバイトに大学生活を充実させようと、現役で入った人以上に、行動しようという
思い人が強かったように思えます。

受験に失敗したからといって、落ち込まずに、来年の今頃笑えるように早急に行動をしましょう。

以上、参考までに。

 - 大学受験, 教育業界