業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

なぜブログ(集客用、アドセンス)を書けなくなる?理由と改善策を分析

      2016/03/18

d1d96006d76ab067a030c0a35f84cf3c_s

ブログのアカウントを取得する、サイトを用意してブログを書き始めるというのは、
行動しようという強い意思の表れだと思います。

それは、集客用のブログであっても、アドセンス用のブログであってもです。
しかし、そうやって意気込んで始めたブログも必ず挫折する人がいます。

そこで、今日はなぜブログを書かなくなるのか?理由と改善策を分析して
お話をさせていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

なぜブログを書かなくなるのか?

その① 面倒くさい

パソコンを立ち上げて、ネタを考えて、写真をアップして
という作業が日に日に面倒くさくなり、ブログを書く頻度が下がってくる。
書かない日も増えてきて、一旦休憩。
継続していたことを1度中断するとなかなか再度習慣化させることは
難しいです。気づけば月日が経ち、面倒くさくなってしまい、全く書かなくなって
しまう結果に。

【改善策】
1日1記事とか、1週間に1記事とか自分の中での決まりごと(ハードルが高くないやつ)
をすることで、面倒くさい気持を軽減できます。

②書く暇がない

最初は書いてやるぞと意気込んでいたものの、いざ始めてみたら
忙し過ぎて書く暇がない。時間を見つけて書くことはできたかもしれませんが、
わざわざブログに時間を割いて書かなくてもいいかなと考えるようになり、全く書かなくなってしまう結果に。

【改善策】
1日の中のこの時間に書くとか、忙しい中のスケジュールに組み込むことで
書く時間を自然と作ることが大事です。また、なんのためにブログを書くのか
今1度考えましょう。その目標のために必要だったから、意気込んで始めたはずです。

③なにを書いたらいいかがわからない(ネタが思いつかない)

最初はネタがたくさんあり、順調に書けていたが、徐々にネタが尽き、
新しいネタが思いつかなくなり、ブログの更新の頻度が徐々に下がり、
最終的に書かない結果に。

【改善策】
常日頃アンテナを張りましょう。ふと思いついた事をいざパソコンに向かって
思いだそうとすると意外と忘れているものです。
思いついた瞬間に、ネタはメモするようにしましょう。
些細なことでもかまいません、気になった言葉とか、気になったお話とかなんでも
メモしておきましょう。点と点がつながって、それがネタになることもあります。

④反響がない

集客ブログの場合、せっかく時間をかけて書いたブログが集客に結び付かないと
徐々にやる気がそがれていき、結果書かなくなる。ユーザーはあまり更新されていない
ブログを見て、このサロンは稼働していないのかなというイメージを与えてしまい
逆に集客から遠ざかる結果に。まさに本末転倒。

【改善策】
ブログから直接反響がなかったとしても、最終的にそこのお店に行くと決める最後の
ポイントになっている場合もあります。継続して情報を発信していくこと、
お店の様子を伝えていくこと、稼働していますというのをアピールする意味でも
重要です。そういった重要な要素があることを再認識していただき、
モチベーションに変えていただければと思います。

⑤アクセスがない

アドセンスブログの場合、アクセスがないととてもやる気がそがれると思います。
ネタが思いつかないことと相まって、徐々に更新頻度が下がり、最終的には
完全に放置状態ということもあるのではないでしょうか。

【改善策】
アドセンスブログやられる方みなさんが3ヶ月は継続と言ってますので、
騙されたと思ってまずはそこまでやってみましょう。
また、アドセンスブログを始めた時の意気込み(副収入を得たい)という気持ちを
思い出して、実際に成功している人のブログを見て、自分と重ねて、モチベーションアップにつなげていただけるといいと思います。

まとめ

今日はなぜブログを書かなくなるのか?理由と改善策を分析してお話をさせていただきました。
ブログ更新を挫折してしまった人、どれかに当てはまっていましたでしょうか。
最初にブログを始めた時の意気込みや目的を思い出して、改善策試してみてください。

以上、参考までに。

 - ブログ