業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

婚活をしたい!結婚相談所はどういう人が相談者で多いのか?

      2016/03/18

86a3b23ba01fcf01ca8268b6db5754e7_s

前回は結婚相談所登録利用者はやはり30代からが多いといった内容でお話させていただきました。

今回は少し掘り下げまして、どういう方が多いのか、どんなとこで悩まれている方が多いのか実際の結婚相談所カウンセラーに聞きました、相談者の傾向をお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

どういう人が相談者で多いの?

①親や親戚のプレッシャー

歳を重ねる度に、親からまだ「結婚しないの?」「相手はいるの?」と
聞かれる機会が増えてくると思います。
さらには親戚との集まりなどでも、「結婚は?」「相手は?」と聞かれ、
嫌気がさすくらいに結婚に対して、プレッシャーを与えられると思います。
そのプレッシャーにたえかね、さすがに婚活しなきゃなと思うものの
なにから行動すればよいか分からないという人が1番相談者で多いとのことです。

②社内恋愛が面倒

社内には男子も女子もそれなりにいるものの、社内恋愛にはちょっと抵抗が。
会社には仲の良い異性はいるものの、そこから発展して付き合った時に、
社内で付き合っているのがバレるのも気まずいし、
最終的に別れた時は、その職場で働き続けるのが嫌になるくらいもっと気まずいので、
職場の人は恋愛対象として見れない。
だけど、職場以外での通勤などではほとんど出会いがないから、出会いの場を求めてという人。

③飲み会には参加するものの全く実らない

出会いの場を求めて、合コンや飲み会には積極的に参加するものの
恋愛には発展しない人。決して恋愛にも、結婚にも消極的ではなく、
意欲的に活動しているのにどうしても友達止まりになってしまう。
技術的な部分なのか、考え方の部分なのか、いろいろ婚活テクニックを
学びたいという人。

が、結婚相談所に来る人の傾向として多いとのことでした。

まとめ

今回は前回の結婚相談所登録利用者はやはり30代からが多いの?といった内容から少し掘り下げまして、結婚相談所に来る人はどういう方が多いのか、どんなとこで悩まれている方が多いのか実際の結婚相談所カウンセラーに聞きました、相談者の傾向をお話させていただきました。

積極的に行動しているものの実らない人、出会いの場がなくて実らない人、諸事情で行動できず実らない人様々でした。

婚活で悩まれている方、どう行動したらよいか分からない方、テクニック的な部分で自信がない方は、結婚相談所に頼ってみるのもありかもしれません。

以上、参考までに。

 - ブライダル業界