業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

口だけ上司は嫌われる!実際に存在したイヤミ課長とはどんな上司?

      2016/03/18

39e77a89032230affb67163b10047837_s

会社には、必ず1人や2人は、とんでもない上司がいると思います。

今日はそんなよくあるお話をサラリーマンから聞きました体験談を
もとにお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

こんな上司は嫌だ

その① 結果を出さないのに

上司は営業。全然契約をとってこないくせに、結果のでない部下をやたら叱責する。
まわりのみんなに見せしめのように怒る。お前も全然契約とってこないくせに。
自分が電話で訪問の約束をとりつけたお客様に上司に訪問に行っていただき、
契約してもらえなかった。それをすべて電話した部下のせいにする。
自分の結果がでないのは、部下であるお前のせい。
とんでもない上司です・・・
好かれる上司は、決して部下のせいにはせずに、すべてが自分のせい、
結果がでないのは自分のせいであると捉え、常に反省、改善していきます。
その学びの姿勢、考える姿勢から営業成績もTOPクラス。
自然と部下もついてきます。

その② さぼるのに

指示は出すものの、自分は一切動かない。また、部下にやらせるだけやらせて、
部下が失敗した時のけつは持たない。すべて部下のせい。自分は悪くない。
さらには、終業時間が来たら誰よりも先に帰る。しかも、部下に仕事を押しつけて。
そんな上司にも当然部下はついてきません。
好かれる上司は、部下に裁量を持たせたとしても、失敗した時のけつは必ず持ち、
責任は押しつけない。自ら進んで残業を行い、とにかく行動で示す人。
こういう上司には自然と部下もついてきます。

その③ 社内営業マスター

一切仲良く接してこようとはしないのに、その上司よりもさらなる上司が
登場したときだけ、仲の良いアピール。しっかりと指導しているアピール。
よくテレビとかで見るのは、部下の成果を横取りし、自分の成果として報告する上司。
とにかくごまをすり、おだてて、部下の評価よりも、まずは自分の評価向上に努める。
いよいよ部下は離れているばかり。
好かれる上司は、部下のがんばりはしっかりとさらなる上司に報告。
普段から仲良く接しつつも、怒る時は怒る。指導する時は、終業時間関係なく指導する。
そういったメリハリのある対応が、部下の信頼につながります。

まとめ

今日は会社には、必ず1人や2人はいるとんでもない上司のよくあるお話を
サラリーマンから聞きました体験談をもとにお話させていただきました。

けっこう当たり前のお話ではありますが、自分自身が上司となった時に
決してそういった行動をとることがないよう言い聞かせる意味でも
今回の内容を書かせていただきました。

嫌われる上司にならないために、好かれる上司になるために。

以上、参考までに。

 - 社会人