業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

wordpressでサイト作成ができるようになる第1歩!オススメの参考書とは?

      2016/03/30

5aeea1845616c563c675a7c6424b9d21_s

個人事業主の方などが、ホームページを自分で作成したい時に、ひと昔前ですと、
ホームページビルダーや、ドリームウィーバーなどのシステムを使ってサイトを作成していたと思います。

どうしてもその人のスキルに依存する部分が大きいため、素人感がでてしまいます。

そこで今回はホームページを自作したい方向けに、wordpressでサイトが作れるようになる第1歩とオススメの参考書をご紹介させ
ていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

wordpressとは
オープンソース・無料で提供されている「ブログシステム」のソフトウェアのことです。
PHP(プログラム言語)と、MySQL(データベース)で作らているwordpressですが、
難しい専門知識がなくても簡単に自分だけのブログを作ることができます。

これはwikipediaの引用ですので、こちらをかみ砕いて説明しますと、

無料で使えて、専門知識がなくても、ホームページが作れるということです。

WordPressサイト作成手順

①サーバー取得

WordPressでのサイト作成にはサーバーが必須です。
Wordpressが設置可能なサーバーを選びましょう。

②テーマの選定

wordpressには、「テーマ」といった、無料テンプレートがいくつも解放されています。
その中から、自分が作りたいテーマに合わせて、テンプレートを選びましょう。

ネットで「wordpress テーマ オススメ」で検索していただくと
無料の「テーマ」がいくつも表示されます。
その中から、こういうレイアウトで作成したいとうテーマを1つ選び
wordpressで設定してください。

その③ 画像やメニューを入れていく

あとは、プログラミング的な専門知識は不要なので、
ロゴの画像を入れてみたり、メイン画像を変えたり、メニューを
入れたりすることで基本的にサイトの体裁は作ることができます。
上記手順はかなりざっくりの説明ですので、
こちら詳細な手順を学ぶにあたって、オススメの参考書をご紹介させていただきます。

「いちばんやさしいWordPressの教本」

いちばんやさしいワードプレス

こちらであれば、オススメのテーマを紹介してくれていますし、
テンプレートではありますが、それなりのサイトを作ることができます。
また、ワードプレスならではの専門知識も学ぶことができます。

さらに、スマートフォンにも連動してますので、
事業をやられている方で、ホームページも必要且つ、スマホも対応しておいてほしいという方には、安心のスマホ対応サイトを作成することができます。

まとめ

ホームページを業者に依頼して作成となりますと、平均で50万円くらいはかかります。
そこまで費用をかけたくないけど、やっぱりホームページは欲しい。
自分で作りたいけど、素人感が出てしまうのも嫌だという人には、wordpressでのサイト作成をオススメします。

wordpressでホームページを自作した場合の平均予算は、サーバーとドメイン代で約1万円。
あとは参考書の費用くらいですので、業者に依頼するよりも断然安くサイトを作ることができます。

ホームページを自分で作ってみたいという方に、参考にしていただけますと幸いです。

以上、参考までに。

 - WEB制作業界, ブログ