業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

家庭教師ってどうなの?家庭教師で成功する人、失敗する人の違いは?

      2016/03/18

7a2376c6082f496f7beed9a080d28021_s

家庭教師をお願いされている方いらっしゃると思います。

自分の周りには学生時代に家庭教師を頼んでいる人もいましたし、大学生時代には、講師として、家庭教師のアルバイトをしている人もいました。

家庭教師を頼んでいる自分の周りで、実際に受験に成功した人、成績がアップした人は約50%くらいでした。

そこで今日は、家庭教師実際に家庭教師を頼んでいた人や、講師としてやっていた人のお話をもとに、家庭教師で成功する人、失敗する人と題しまして、成功するのはどういう人というテーマでお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

家庭教師で成功する人

その① 決められた時間を集中

家庭教師に来てもらって勉強する時間は限られています。
よく失敗する人の傾向としては、勉強に関係のないお話をする時間が無駄に長かったりします。
無駄話は一切せず限られた時間に集中することが重要です。
無駄話をする時間が何時間であろうと、家庭教師にお支払いするお金は変わりません。

その② 合わない人は代える

家庭教師を頼む目的はただ1つ。成績のアップです。
仲良くなったからとか優しい先生だからとかは関係ありません。
その先生が成績アップという目的を果たすにあたって物足りないと判断したら、
すぐにでも担当教師の交代を打診すべきです。
仲が良いから代えにくいなという考えは捨てましょう。
お金を支払ってお願いしている以上は、子どもに合っていて、尚且つ、
成績を上げるために、全力を注いでくれる人がいいに決まっています。

その③ 塾と併用

家庭教師はあくまでスポットの成績アップにあて、総合的な学力は、塾で勉強という人もいました。
それなりのコストはかかってしまいますが、
成績向上のための選択肢の一つとしてはありだと思います。
また、その子の性格やタイプによっては学習塾が合うケースと、
家庭教師が合うケースがあります。
そこで、塾と家庭教師で違う教科を受講してみて、成績の上がり幅を見てから、
どっちかに絞るという方法もとても有効とのことです。

まとめ

今日は、家庭教師実際に家庭教師を頼んでいた人や、講師としてやっていた人のお話をもとに、家庭教師で成功する人、失敗する人と題しまして、成功するのはどういう人というテーマでお話させていただきました。

家庭教師は、割と大学生がアルバイト感覚でやっているところもあり、先生個人のモチベーションは様々です。
また、生徒さんの目標によっては先生の時給も変わるみたいです。

なので、家庭教師の出身校であったり、どういった人なのかなどは事前にしっかりと調べた上で、お願いするようにしましょう。

家庭教師といえども、決して安くはないです。
その人の成績や志望校によって変わってくると思いますが、
しっかりと見極め、後悔しない受験を送れるよう選択してください。

以上、参考までに。

 - 大学受験, 教育業界