業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

仕事をする上でついていい嘘、ダメな嘘?こんなリスクがともないます!

      2016/03/18

00d51f678e77c120489e68ea19cbd822_s

働いていると、怒られないために嘘をつく人がいます。
もちろん嘘をつくことはよくないというのは周知の事実ですが、
どういうリスクがともなうのか今日はお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

嘘をつくリスク

①10倍返しで怒られる

その場で正直に言っていればそこまで怒られずに済んだのに
嘘をついたがために、それが後々にクレームに発展。
本人だけでは収拾がつかない事態に。
その場で正直に言っていれば、怒られはしたかもしれませんが、
本人の責任の範疇におさまっているので、そこまで怒られないはずです。
しかし、その場を乗り切るために嘘をつき、結果、上司も巻き込む結果に。
よって10倍、状況によっては10倍以上怒られますよ。

②成長できない

嘘をつくことで、成長が止まります。
「これを覚えてきなさい。」
「この課題をやってきなさい。」
「これを今日中に処理しなさい。」
と言われ、翌日に言われたことをやってなかったとします。
とっさに怒られないように
「やりました!!」と嘘をついて、
その場はやりきれるかもしれませんが、
それは追々必ずバレます。
怒られるだけでなく、成長もできません。
せっかくの成長できるきっかけの芽を自ら
潰していることになります。

③嘘をつくことに集中してしまう

嘘をつくことに慣れてきてしまうと、
上司に怒られないためにどう嘘をつこうとか、
お客さんに怒られないために、どう誤魔化そうとか
嘘をついたり、誤魔化すことに集中するように
なってしまい、ずれた頭の使い方をするように
なってしまいます。
怒られないように嘘をつくのではなく、
本来は、自身の成長のために頭は使うものです。
そのずれた状態で1年、2年と成長できないまま、
嘘をつき続けるのは、勿体ないです。

まとめ

自分で責任のとれる嘘ならついてもよいかと思います。
その嘘で誰も不幸にならないのであればついてよいかと思います。
その嘘で誰かが喜び、そのまま傷つけることもないならついてよいかと思います。

ただ、その嘘により誰かが傷ついたり、不利益を被ったり、損害が発生したり、
自分のためにならない、そんな嘘は絶対についてはダメです。

嘘はついたらだめ。今回は当然のお話をさせていただきましたが、

もう1度意味のない嘘をついていないか考え直してみてはいかがでしょうか。

以上、参考までに。

 - 社会人