業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

歯科院長が悩んでいる!歯科衛生士の採用状況が変化している件とは?

      2016/03/18

d79c57154446cf0042921e6d1b8fbfd1_s

歯科医院の院長先生とお話する機会がよくあるのですが、
ある院長先生が歯科衛生士、受付の方の採用状況に最近はとても悩まれておりました。

そこで今回は院長先生にお聞かせていただいたお話をもとに、
歯科衛生士の採用状況や扱いが変化している件をお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

歯科業界の採用事情

①女性関係

歯科衛生士、受付スタッフの子が働き始めてから1ヶ月も経たない内に
退職する理由の1つが女性関係です。
歯科衛生士、受付ともに主に女性ですので既に働いている人たちとうまく馴染めなかったり、
顔がいいからと仲良くしてもらえなかったりという理由で辞めていくそうです。
特に美人な子の離職率がやたら高いみたいで、院長も採用する際の女の子の顔でも採用基準を
もうけなければならないのかと悩まれていました。

②ネイル可にするか不可にするか

最近では、ネイルをしているスタッフさんが増えています。
どうしても衛生面で気を遣わなければならない職業ですので
ネイルを推奨するのは難しい部分ではありますが、採用条件として
ネイルを不可にしてしまうと、そもそも応募がなかったりと
人材を集めることが難しくなるみたいです。
あまり歯医者のスタッフでネイルをしている人がいることを
いいよう思われる方は少ないと思いますが、そこをOKにせざるを
えない状況に悩まれておりました。それでも断固ネイル禁止の
歯医者さんもあるみたいですが「時代だし仕方ないよね。」といった状況でした。

③採用保留期間

普通の会社と違って、採用人数を限定しているため1人採用して、
すぐ辞められるとかなり困ります。だからといって、辞めると想定して複数名採用するわけにもいかないので、
最近は採用で2週間ほど待ってほしいと保留期間をもうけているところもあるそうです。

まとめ

今回は院長先生にお聞かせていただいたお話をもとに、歯科衛生士や受付スタッフの方の採用状況や扱いが変化している件をお話させていただきました。

採用に悩まれているのはどの業界も同じです。
しかし、歯科医院ならではの採用のお悩みがあるのだなと、直接お話を聞かせていただきとても参考になりました。

以上、参考までに。

 - 医療業界, 歯医者