業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

内定から4月までの間インターンは行くべきか?メリットを話します!

      2016/03/18

120def697f48ab695e43eff403307195_s

内定をいただいてから、実際に働く4月までの間に、
インターンをしませんか?というお話がある時があります。

そんなときに、大学生活悔いのないように遊びつくしたいという人もいれば
4月で入社した時点で同期に差をつけたい、先輩方に少しでも追いつきたい
という人もいると思います。

そこで今回は、インターンをやった方がいいのか、どうしようかと悩まれている方に
インターンをやることでどのようなメリットがあるのかお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

インターンをやるメリット

メリット① 先に職場の雰囲気に馴染める

あらかじめインターンで仕事をすることで、会社内の雰囲気を知ることができ、
また、先輩方から入社後と同様の指導も受けられるので、人間関係など含めて
職場の雰囲気に馴染むことができます。入社初日で浮足立つことはありません。

メリット② 4月からのスタートダッシュ

入社前から、がっつり入社後の仕事をやらせてもらえた場合、
本人のがんばり次第にもよりますが、4月からロケットスタートできる可能性が
あります。学生だから、とりあえず会社に慣れようといった感覚ではなくて
同期に差をつけ、先輩に追いつけ、追い越せといった気概でやることが
大事です。4月時点でいきなり昇格するケースも会社によってはあるみたいです。

メリット③ もしかしたら合わないかも・・・を見極める

インターンをやる以上は、その会社でがんばってほしいところですが、
やはり最初の社会人として、本当にこの会社は合うのかを見極める期間として
インターンをしてみるのもありかもしれません。
もちろん、インターンをやった結果、その会社が合わないと判断し、
入社を辞退するということはその会社からの信用を失ってしまうことになりますが、
悔いのない人生を送るための選択としてはありです。推奨はしませんが。

まとめ

今回はインターンをやった方がいいのかなと悩まれている方にインターンをやることでどのようなメリットがあるのかお話させていただきました。

実際にインターンに参加せずとも、インターンをやっていた子たちをごぼう抜きして行った人もいます。その人は大学生活ぎりぎりまで遊んでいた人でした。

インターンをやるから必ずしも差がでるというわけではありません。
インターンをやるにあたっての本人の意思、やる気、どうなっていたいか目標を持って行動することが重要です。
ただ、だらだらと長期間やったからといって、インターンをしてない人よりリードできるというわけではありません。

メリットはもちろんありますので、インターンをやる以上は、しっかりと目標をもって、インターンに臨んでいただきたいと思います。

以上、参考までに。

 - 就職活動, 社会人