業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

wordpressテーマ「stinger6」でアドセンスブログを書くメリットをお伝えします!

      2016/03/18

4589b40b9674046e4f434d827cb5dfb4_s

この業界事情ナビは、wordpress(ワードプレス)というCMS(コンテンツマネジメントシステム)で制作しております。

wordpress(ワードプレス)は、オープンソースで誰でも無料で使うことができます。

また、テーマを選ぶことで用途に合わせて簡単にブログサイトを運営することができます。
今回は、この業界事情ナビで使用しております、wordpressテーマ「stinger6」でブログを書くメリットをお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

wordpressテーマ「stinger6」でブログを書くメリット

メリットその① 検索にヒットされやすい

これはこれまで「stinger」というテーマでブログを書かれていた方々
みなさんがおっしゃられていたのですが、検索にとてもヒットされやすいです。
ブログを書く以上はやはりいろんな人の目に触れて、いろんな人に読んでほしい
と思って書いていると思います。
そんな時に、せっかく書いた記事が全く日の目を見ないままだと、ブログを書く
モチベーションが下がっていくと思いますが、狙ったキーワード(ビックキーワードはさすがに厳しい)で
検索にヒットして、アクセス数が上がると、とてもテンションが上がります。

メリットその② その人好みにカスタマイズ

元々「stinger5」というテーマだったのですが、最近「stinger6」にアップデートされました。
それにより、STINGER用の操作ができる項目が増え、コメント欄や著者情報、
下層ページの表示などチェック1つで変更でき、それだけで表示項目を変更できるので、
自分好みに変更が可能です。また、アドセンスをする際などにも、
非常に簡単にバナー設置できる仕様になっています。
また、このサイトを見ていただけますと分かりますように、割とデザインも自由に変えられます。

メリットその③ レスポンシブデザイン対応

ますレスポンシブデザイン対応とはなんぞやですが、
様々な種類の機器(パソコン、スマートフォン、タブレット)で、
画面サイズに合わせて表示してくれます。
最近ではスマートフォンの普及により、携帯でサイトを見られる方も増えています。
その際に、サイトがスマホ対応していないと、拡大縮小の手間があったり、
ぱっと見文字が小さく見えてしまうので、サイトの離脱率にもつながってしまいますが、
レスポンシブデザイン対応なので、スマホサイズに合わせて表示してくれるので、
その心配がありません。もちろんタブレットで見たときも、タブレットの画面サイズに合わせて表示されます。
また、最近の傾向として、検索結果の上位にでやすいサイトはスマホ化が必須と言われるくらい重要ですので、
そういった意味ではとても助かります。
しかも、「stinger6」というテーマにデフォルトで備わってますので、
特にシステムをいじるといったようなことはないので安心です。

まとめ

今回はwordpressテーマ「stinger6」でブログを書くメリットをお話させていただきました。
ブログで検索にヒットさせるには、それなりのキーワード選定や記事数といった努力も必要ですが
少しでも追い風になるテーマを選んだ方がいいと思います。

これからwordpressでブログを書こう、どのテーマにしようと悩まれている方の指標に
なれますと幸いです。

以上、参考までに。

 - WEB制作業界, ブログ