業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

ネイルスクール自宅VSサロン どっちがいいいの? ~サロン編~

      2016/03/01

f41867e674c4a345e2ba65ba168b6812_s

ネイルスクールは、教室を構えての大規模なものから、
自宅で小規模でやられているところがあります。

前回は、ネイルスクール 自宅VSサロンと題させていただきまして
ネイルスクール自宅編のメリット、デメリットをお話させていただきました。

今回は教室を構えてやる比較的大規模なネイルスクールサロン編をお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

ネイルスクールサロン編 メリット

① ノウハウ

コースも多彩で、熟練の講師が多く、また講師も1人では
ないところが多いので、いろんな講師の方の
いろいろな技術、ノウハウを習得することが可能です。

② 仲間

学校なので、同時に多くの人と受講することになります。
そこで共にネイリストを志す仲間ができたり、一緒に
受講する方の技術も見ることができるので、とても
勉強になります。ここでできた仲間は将来的にも横の
つながりとして貴重な財産になります。

③ 緊張感

常にテストさながらの緊張感で、ネイルの勉強ができますので、
それだけでもテスト本番の練習ができます。
また、実践風の練習ができる環境も整っておりますので、
その緊張感をはやいタイミングで学べることは
財産になります。

ネイルスクールサロン編 デメリット

① 高額

エリアもエリアなので、という部分もありますが、
やはり受講料は自宅ネイルサロンと比較しても
高いです。その費用に見合った授業内容、教材提供なのか
見極める必要があります。

② 学校なので

自宅スクールのマンツーマンとは違い、学校として、
集団での授業が主になりますので、技術の習得で遅れが
発生すると、すぐに聞くことができず追いつけない可能性
があります。

③ 学校の数

大きく構えてネイルスクールをやっているところがやはり
少なく、都心ですと主に大きなエリアとなっております。
なので、通うには、それないの労力とコストがかかります。
それでも根気強く、目標のために通い続ける必要があります。

まとめ

今回はネイルスクール 自宅VSサロンと題させていただきまして
ネイルスクールサロン編のメリット、デメリットをお話させていただきました。

あなたがネイリストになるにあたってどうなりたいか、
目指すべき目標やスクールに通う予算、通う場所などを含めて、
どちらを選択すべきか、検討していただく際の指標にしていただけますと幸いです。

以上、参考までに。

 - ネイルサロン, 美容業界