業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

削らないは要注意?いい歯医者さんの選び方~こんな歯医者は注意~

      2016/03/18

496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

よく歯科の院長先生にお会いするのですが、その際に、
「ホームページや広告でこういうことを書いている歯医者は信用
ならないな」、「こういう歯医者は注意した方がいいよ」というお話をよく聞きます。

そこで今日は、歯医者の院長先生に聞きました。
こんな歯医者は注意すべきだというお話をさせていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

こんな歯医者は要注意

①削らないは要注意

ほとんどの虫歯は削らないとまた再生してしまいますので、
削らないと断言している歯医者は要注意です。
今回お話をお聞かせいただいた院長は、状況によっては削らないといけない時もある。
それを堂々と削りませんと断言している歯医者は注意すべきだと言っておりました。
削る削らないというお話よりも、どうやったら虫歯にならないのか予防歯科に力を入れたり、
担当の歯科衛生士がつき、丁寧に治療にあたってくれるところは比較的安心できるところが多いみたいです。

②抜かないは要注意

どうしても虫歯が進行し、削る箇所がなくなり抜かざるを得ない
状況がくる時があります。
「当院は歯を抜かないです」と豪語しており、歯を抜きたくないから
その歯医者に選ぶ。しかし、歯は抜かなければいけない状態に
既になっており、結局抜くことに。そして、話が違うじゃないかとクレームになる。
「削りません」「抜きません」と豪語することはいいことですが、
状況によっては変わること、そうしないためにこういった
治療方針でやっているといった部分もきちんと情報を収集した上で、
歯医者は選んだ方がいいです。

③汚いは要注意

ちゃんと滅菌した治療器具を使ってますか?
医院は清潔に保たれてますか?
衛生面は配慮されてますか?
やはり、衛生面にもきちんと配慮した歯医者でなければ
その衛生面を疎かにする部分が、治療にも出てきてしまいます。
そういった部分も事前にホームページや口コミで確認しましょう。

まとめ

今回は歯医者の院長先生に聞きました、ホームページや広告でこういうことを書いている
歯医者は信用ならないなというお話、こういう歯医者は注意した方がいいよというお話を
聞かせていただき、それをもとに3点お伝えさせていただきました。

最近では確かに「歯をできるだけ抜かず、削らずに治療を行おう」という
考え方が浸透してきているのも事実です。

ただ、ホームページや広告の表面の部分で判断するのではなく、
「歯をできるだけ抜かず、削らずに治療を行おう」を行うにあたっての診療方針や、
衛生面への気遣いそういった部分が重要だと思います。

以上、参考までに。

 - 医療業界, 歯医者