業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

ウェブサイトの作り方は?独学で挫折しないための初めの第一歩のお話

      2016/03/30

0a9ceb0325f4a1507b2fbdb2ebaeec59_s

事業をやられている方や、ホームページを作る勉強を独学でやりたいという方。

まずなにから手をつけていいのか。

なにから始めればよいのか悩まれると思います。

いきなり難しい参考書を手にとってしまい、難しさのあまり挫折なんてこともあるかもしれません。

そこで今日は、ホームページを自作する際の挫折しないための第一歩をお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

ホームページを独学で制作するための第一歩!!!

まず、1番最初に勉強すべきはHTMLとCSSです。

HTMLとは、HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)の略で
ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語です。

こちら意味を覚える必要は一切ありません。
この横文字で抵抗を感じる必要は一切ありません。

ご安心ください。

次に、CSSとは、Cascading Style Sheets(CSS、カスケーディング・スタイル・シート、カスケード・スタイル・シート)の略でHTMLで記述した内容を装飾したり、並べたりするのに必要です。

こちらももちろん意味を覚える必要はありません。

まずはこのHTMLとCSSの勉強が必要です。

HTMLの勉強、CSSの勉強それぞれと考えるよりは、両方セットで勉強すると考えてください。
まず、その勉強で第一歩を踏み出すにあたってオススメの参考書があります。

それは、

スラスラわかる HTML&CSSのきほん」

html&css基本

です。

こちらの参考書は、Windows、Mac両方に対応していて、

制作にあったてのそれぞれのパソコンの基礎知識からフォルダーの作り方から、説明がありますので、本当に素人で右も左も分からない人でもきちんと理解できる第1歩としてオススメの参考書になります。
まずなによりパソコンの使い方から説明してくれているのが本当に助かりました。

人が挫折する時は、やはり参考書通りに進めていて、行き詰まってしまった時、次に進めない時が1番多いと思いますが、この参考書ですと、行き詰まることがほぼないです。

本当の素人向けに、優しく作られているなという印象を受けました。

初めて手にとった参考書で行き詰まってしまいますと、自分にはやっぱりホームページ制作は向いてないとかそういうネガティブな方向に人は考えがちですが、すらすら進められることにより、おっ、自分でもできる!とそれが自信にもつながります。

確かに、簡易的な内容しか学べませんが、ホームページを独学で制作するための第一歩を踏み出すためにはオススメの参考書となっております。

まとめ

私も独学でホームページを作成できるようになりましたが、
参考書にする1冊目を間違えていたら、挫折していたかもしれません。
そういう意味では、この参考書に出会えてよかったと思います。

ホームぺージを自分で作れるようになりたいと考えている方、

なにから初めていいか悩まれている方、どう1歩を踏み出していいかわからないと悩まれている方に1つの指標にしていただけますと幸いです。

次回は、ちょっと発展した勉強をしたい方向けにオススメの参考書をご紹介させていただきます。

以上、参考までに。

 - WEB制作業界