業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

ネイルスクール自宅VSサロン どっちがいいいの? ~自宅編~

      2016/03/01

c597b4f74caef93ffb70438deaf75239_s

ネイルスクールは、教室を構えての大規模なものから、
自宅で小規模でやられているところがあります。

そこで今回は、ネイルスクール 自宅VSサロンと題させていただきまして
それぞれのメリット、デメリットをお話させていただきます。

今回はネイルスクール自宅編です。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

ネイルスクール自宅編 メリット

①マンツーマン指導

自宅ですので、ほぼマンツーマンで指導してもらえます。
スクール中の時間をほぼ指導者は自分の指導に費やしてくれるので
スキルの習得にはとてもよい環境かもしれません。

②安価

大規模に教室を構えてやるところよりも、
個人事業主で小規模やられているところの
方が料金面での融通がききますので、安価で受講することができます。
キャンペーンによる割引も比較的よくやっています。

③フレンドリー

身近なだけにとてもフレンドリーに接していただけます。
人が多いとなかなか質問する機会がなかったり、
聞きにくい質問があったとしても、すぐに質問することが
可能です。

ネイルスクール自宅編 デメリット

①指導者のスキルによる

教えてくれる指導者のスキルに依存してしまいます。
その指導者がスクールは開校できる資格はもっているが
指導力が乏しいケースもあります。他の講師は選べないという
リスクがあります。

②他の作品に触れる機会が少ない

いろんな人の作品を直接見たり、話を聞いたり、ネイルする様子を
実際に見る機会がないので、ネイルの技術的スキルの幅や、
デザインの幅の感覚を広げる機会が少し物足りないです。

③緊張感が薄い

いざテスト本番となるとそれなりの緊張感のある場での、ネイルとなります。
ただ、普段自宅での環境のもと作業をしていると本番さながらの
緊張感の経験値がどうしても低くなってしまうかもしれません。

まとめ

今回はネイルスクール 自宅VSサロンと題させていただきまして
ネイルスクール自宅編のメリット、デメリットをお話させていただきました。
あなたの目指すべき目標やスクールに通う予算などを含めて、
どちらにすべきかご検討する際の指標にしていただけますと幸いです。

次回はネイルスクールサロン編をお話させていただきます。

以上、参考までに。

 - ネイルサロン, 美容業界