業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

ブラック企業体験談⑬~絶対に社内で一人ぼっちにだけはなるな~

      2016/03/18

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

ブラック企業で働いていると、誰とも会話もせずになぜか常に1人でいる人がいます。
そんな人はいつのまにか会社からいなくなっています。

そこで、今日は、一人ぼっちっで働くことのリスクをお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

一人ぼっちのリスク

その① 辛い時も一人

仕事していいると必ず辛い時はあります。そんな時、誰とも絡まず一人ぼっちの
人は、その辛い気持を一人でため込むことになってしまいます。
その気持ちが話せるだけでも楽になれますし、その時にどうするのがよいか
アドバイスをもらうこともできます。人見知りだしと言っている場合では
ありません。共に仕事をする仲間なのですから、積極的に仲良くなりましょう。

その② 仲良くなる場を得られない

仕事をしていると、飲み会であったり、お休みの日にイベントがあったりします。
しかし、普段一人でいると、なかなか声をかけにくかったり、ノリが悪そうなイメージが定着してしまいますので、
そういったイベントごとになかなか誘ってもらえません。飲み会やイベントに参加することで仲良くなるなったり、
普段絡みのない部署と仲良くなるきっかけを得られますので、誘ってもらえないことは相当な機会損失になります。

その③ 貴重な情報が得られない

仕事をする上で、どうやったらうまくいくかのアドバイスや、このお客さんは
こうやって対応した方がいいなどの対応策や、ミスをした時の改善策などを
教えてもらえません。
積極的に質問に行く人は、一人ぼっちではないので、黙っていても、
アドバイスをもらえたり、有益な情報をもらえたりするのですが、
一人ぼっちで、自ら動かないとなるとなかなか情報も得られないものです。

まとめ

今回は働くことで、一人ぼっちのリスクをお話させていただきました。
人見知りだし、自ら動くことが苦手という人も、一人ぼっちのリスクの方が高い
ということに気づいていただけましたでしょうか。
積極的にアプローチして、積極的にイベント事には参加して、積極的に情報収集しましょう

その方があなたにとっての成長の近道になることは間違いないです。

以上、参考までに。

 - ブラック企業