業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

クレーム対応はやはり辛い?コールセンターのバイトをするデメリット

      2016/03/17

676bc7ff85f81761a939bf9163f541a5_s

前回コールセンターのオペレーターをすることで得たモノのお話をさせていただきました。
今回は、コールセンターのオペレーターをすることで失ったモノ。デメリット的な
お話をさせていただきます。

確かに得るものの方が多いですが、デメリットも踏まえた上で、やられた方が長続きすると思いますので。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

オペレーターアルバイトのデメリット

①対応数が多すぎるが故に

丁寧な言葉遣いが身につきます。それはとてもためになるのですが、
1日20件ほどの電話対応を長期間続けることで、マニュアルがしみ込んで
しまい、徐々に抑揚のない、ロボットのような対応になってしまいます。
頭をフル回転しなくても。通常の対応なら自然と言葉が出てくるくらいの
レベルのまでなりますので、感情がこもりません。
それは件数をこなすアルバイトならよかったのですが、社会人になってから
電話対応をいざするとなったときに、言葉遣いのよさや、入社早々慣れた電話対応は
評価いただきましたが、実際のやりとりとなると、感情がないロボットのような対応と
なってしまい、通用しないという事態に陥ってしまいました。

②クレーム対応が日々あるが故に

1日に20件ほどの電話対応をしていると、1日に1件くらいは
クレームの入電があります。そこで対応力が身につくというメリットは
ありましたが、やはり、まだまだ甘い大学生なので心が折れそうになります。
受電形式なので、誰がどの電話をとるかはランダムで決まります。
運悪く引いてしまい、その対応に追われる日々でした。
今日はクレームきませんようにといつも祈ってました
とてもいい経験になったと思いますが、そういったことも
あるという覚悟は必要ですし、社会人になればクレーム対応は必然です。
大学生のうちから練習しとくのもよいでしょう。

③若輩者の故に

私がコールセンターで働いた時の対応は、申し込みでの入電対応が主でした。
極まれにその契約者のご家族の方から、その契約者の方が亡くなられたという
連絡がくることがありました。社会経験の浅い自分がなんと声をかけてよいの
かわからず、未熟さを痛感したことがあります。
そういった連絡も起こりうることは想定しておきましょう。

まとめ

今回は、オペレーターの経験をするデメリットのお話をさせていただきました。
確かに得るものも多いですが、辛さのあまり辞める人も多いのも事実です。
デメリット面をしっかりと踏まえた上で、そのアルバイトを選択することで
長期で続けられると思いますし、より得るものもあるでしょう。
大学生活のアルバイトを検討されている方は、1つの指標にしていただけますと幸いです

以上、参考までに。

 - アルバイト, 就職活動