業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

矯正歯科の院長に聞く!いい歯医者の選び方とは?~矯正歯科医院編~

      2016/03/17

931165756faf72f1898b2eda84869a4c_s

矯正歯科は一般歯科と異なり、その医院と長期間且つ、密な付き合いが必要になります。
そんな時の矯正歯科選び。絶対に失敗したくないですよね。
なので、今回は矯正歯科医院の先生方に聞いた、いい歯科の選び方~矯正歯科編~
お話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

いい矯正歯科医とは?

① 事前説明

どういった治療を行うのか、どういった装置をつけるのか、どういった理由から
その治療になるのか事前にしっかりと説明してくれるところがよい矯正歯科です。
小児矯正の場合だと、そもそも装置をつけることに抵抗をもつ子どもがいます。
その子どもの心のケアも事前説明として重要なパートです。
そこをおろそかにするところはオススメできません。
普通の歯科と違い、長いお付き合いになりますので、そういった細かい配慮が重要になります。

② 治療計画

この治療がはたしていつまで続くのか、
目標が見えないまま進めると、装置をつけるだけとはいえ装置メンテナンスのための通院もありますし、
治療に対する気持ちが萎えてしまいます。しっかりとした治療計画を話し合い、
ゴールを見据えて治療を進めてもらえることが重要です。

③ 明瞭会計

事前にどれくらい費用がかかるのか、
だいたいの見積りを出してもらうことが重要です。
また、どういう治療を行うと追加で費用がかかるのか細かい部分も
事前に説明してもらえることが重要です。(装置のメンテナンス費用など)
また、その治療費用の内訳をきちんと明記してもらうことも重要です。
事前説明のないところで費用が発生し、トラブルに発展したというお話も聞いたことがあります。
最近ではデンタルローンといったものもございますので、その人の状況に合わせて、
最適な費用の提案をしてくれるところがよい矯正歯科となります。
ご費用面で不安な場合は1医院のお話を聞くだけでなく、他の医院でもカウンセリングしてもらい、
自分の治療費は最適なのか判断いただけるとより確実です。

まとめ

矯正歯科に通い始める前に、
事前のカウンセリングは必ず行ってもらいましょう。
たまに、有料のところもありますが、そこは無料のところから選びましょう。

また、装置のメンテナンスや、定期的な通院も必要になりますので、
比較的自宅から通いやすいところを選びましょう。

そちらを踏まえた上で、
上記3点を参考に、自分に合った、最高の矯正歯科を選んでいただけますと幸いです。

以上、参考までに。

 - 医療業界, 歯医者