業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

このホームページ業者は大丈夫なのか?業者を変えるべき指標とは?

      2016/03/17

865b8c7dbaf1c427818a6e2bf3599084_s

前回は営業マンが来た時に、内容が気に入らなかった場合の断り方のお話をさせていただきました。

今回も少し角度を変えまして、今付き合っている業者がはたして安心してこれからも付き合ってよいのか、この業者は問題はないのか、その注意点と判断基準をお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

要注意!ダメ業者の判断基準とは?

その① 担当がころころ変わる

担当がころころ変わるところは要注意です。
問い合わせしたら、その担当はすでに退職済。
それがたびたび起こるところは、社内の状況がよくないのがうかがえます。
問い合わせる側としても、担当が変わるとその度に
詳細を説明したりとなにかと不便です。
担当が変わる際に、きちんと引き継ぎを行い、
あいさつに来るところは優良な業者だと思います。

その② 電話にすぐ出ない

会社としてちゃんと営業しているところは
受付ないしは誰かしらが必ず電話に出ます。
お問い合わせしても電話に出ない日があったりするところ(定休日を除く)
は要注意です。なにか都合が悪くなると完全に逃げられる可能性を秘めています。
受付ないしは誰かしらが電話に出て、担当につないでくれる。
外出中の場合は折り返しの手配をしてくれる。
そんなところは優良な業者だと思います。

その③ メールの返事が遅い

基本的には、数営業日以内にメールの返信はあります。
業者というのは、毎朝出社したらまずメールのチェックをします。
なので、届いていない、見ていないということはまずありません。
返信がない場合は、意図的に無視している可能性があります。
すぐに対応ができない場合でも、いつまでに対応できるという旨を
メールや電話で連絡くれるのが優良な業者です。

まとめ

今回は、今付き合っている業者とこのまま付き合っていて安心なのか、
はたして問題はないのか、その注意点と判断基準をお話させていただきました。

当てはまっている方はいらっしゃいましたでしょうか。
もし、当てはまっている方がいらっしゃいましたら、早急に業者の変更を検討されることをおすすめします。

今回お話させていただきました内容をもとに、業者を変えるべきかどうかの指標にしていただけますと幸いです。

以上、参考までに。

 - ネット広告業界