業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

ウェブ制作会社に騙されたくない!契約回避のうまい断り文句とは?

      2016/03/30

2d444114ce861e0611f71dbf717a0f22_s

これまでは契約前、契約後のお話をさせていただきました。

今回は少し角度を変えまして、いざ営業の話を聞くために呼んでみたが、
内容が求めているものにそぐわなかった。断りたいけどどう断ったらいいのか分からない。
となった時のために、営業に効く、断り文句をお話させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

契約回避!断り文句

①お金がない

プライドを捨てて、はっきりと「お金がない」と言いましょう。
「どうやっても費用を捻出できません。ごめんなさい。」です。
「やりたいのは山々だけど、無い袖は振れないので、ごめんなさい。」です。
さすがにお金のない人から無理やり契約をとろうとはしません。
営業マンもとにかく原価ぎりぎりの値引き攻撃をしかけてきますが、とにかくお金がないのです。
で、回避しましょう。

②知り合いが同じことができる

「お金がない」はプライドがあって言えません!という人は、
「知り合いに同業の人がいて、同じことできそうなのでその人にお願いします。ごめんさない。」
と言いましょう。営業マンは、その知り合いのことを深く聞いてきて、どう違うのか、
自分の会社はどこがいいのかを説明してきます。
それでも「大丈夫です。知り合いの方が安心で、安いと思うので」で、回避しましょう。
業者不信を全面に出してもいいかもしれません。

③情報収集感の演出

営業マンが来る前に、メモをあらかじめ用意して、
内容でおもしろい部分を必死にメモをして、
あとは「検討しときます」で情報収集感を演出しましょう。
営業マンはいろいろあの手この手で攻めてきますが、あくまで情報収集感を出し、
ひたすらメモをとり、「検討します。」これを続けているとしびれをきらして、
立ち去るので、回避できます。

まとめ

今回はいつもと角度を変えて、営業マンを実際に呼んだ時に
内容が求めているものにそぐわなかった。断りたいけどどう断ったらいいのか分からない。
となった時のために、営業に効く、断り文句をお話させていただきました。
断るのが苦手、営業マンの方に申し訳ないという気持ちは一切必要ありません。
自分のために、自分が生きるために最善の選択をしてください。

営業マンはゴリゴリきてなんぼの人が多いですが、いらないものはいらないので

契約回避しましょう。

以上、参考までに。

 - ネット広告業界