業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

通信教育ってどうなの?~小学生通信教育のメリット、デメリット編~

      2016/03/17

207b028519c0d85ba7e9d4e111d4a1bf_s

小学生から高校まで通信教育をやっておりました。

小学生の時は成績のベースアップ

中学生の時は定期テスト対策

高校の時は大学受験対策

で利用してました。

実際に通信教育をやった経験を踏まえて
通信教育のメリット、デメリットをお話させていただきます。

ちなみに今回は小学生の成績ベースアップ編になります。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

小学生通信教育メリット

① 自分のペースで進められる

先生主導では進みませんので、自分のペースで勉強が可能です。
授業と違ってついていけないということはありません。
また、好きな時間に勉強できますので、小学校の時であれば遊んで帰ってから勉強することや
帰ってまず勉強してそのあと宿題、塾の補強としてといったように自由なタイミングで
授業の予習、復習、補講という3つの使い方ができます。

② 復習が可能

学校の授業や塾ですと、授業が進むと過去に戻るのはなかなか難しいですが
通信教育の場合ですと、テキストが蓄積されてますので、
過去に戻って復習することが可能です。

③ 苦手分野に絞っての学習が可能

通信教育の場合、自分で科目を絞って受講することができるので、
苦手分野に絞っての学習が可能です。
そのため、塾などと比べるとポイントポイントで苦手科目を受講することで
無駄な費用を抑えることができます。
また、②でお話させていただいたようにいつでも復習可能なので、
苦手分野を集中的に勉強することができます。

小学生通信教育デメリット

① たまってくるとやらなくなる

順番に進めていれば特に問題ないのですが、1度ためてしまうと
徐々にやらなくなり、計画がどんどん後ろ倒しに。気づけば
相当たまって、どうがんばっても追いつけないくらいに。
そうなると人はやらなくなります。

② 分からないところを質問できない。

学校や授業ですと分からないことがあればその場が、授業後に質問できますが、
通信教育ではできません。おハガキで質問することができますが、返信がきた頃には
どこが分かってなかったのか分からない状態になってしまいます。

③ それなりの集中力が必要

時間は決まってないので、自分で時間を決めてやる必要があります。
また、特に強制されることもありません。(親の圧力くらい)
なので、自分で自分をきっちり管理し、時間を決めて勉強しないと
デメリット①みたいなことになりかねません。
あくまでまだ小学生ですので、ものすごい集中力とまでは言いませんが、
それなりの集中力は必要だよ思います。

まとめ

今回は通信教育もメリット、デメリット小学生編をお話させていただきました。

通信教育というのは、強制されない環境下での勉強がメインになってくると思いますので
ある程度、自分自身に厳しくないとできないかもしれません。
自主的に勉強したいという子なら大丈夫かもしれませんが、成績を少しでも上げてあげたいという
親心で子供に受講させている場合は、ある程度親御さんの方でのスケジュール立てが必要かもしれません。
勉強やれやれと言われると、子供はどうしても嫌がるものです。子供に合わせてスケジュールを立てて、
きちんとこなして褒めてあげる。その繰り返しが、今後の勉強人生を左右するかもしれません。
子供の性格によりますが。

以上、参考までに。

 - 教育業界, 通信教育