業界事情ナビ | いろんな業界の裏話・体験談

ブラック企業体験談や、航空業界、歯科業界の裏事情をお話しさせていただきます!!!

「近いから」で決めたらダメ!失敗しないネイルサロンの選び方

      2016/03/01

ネイル

仕事でこれまで200店以上のネイルサロンさんをお伺いさせていただきました。

最近ですとホームページやホットペッパー見て予約される方が多いと思います。

自分もお伺いさせていただく際に、事前にそういったものを見てから

伺うのですが、やはりギャップを感じることが多々ありました。

また、雰囲気が悪いところや、とても偉そうなところもありました。

なので、そういった経験を踏まえまして、

ネイルサロンの選ぶ際にどういう目線で決めればよいか

200件以上訪問してきた私の経験が少しでもみなさんのお力になれればと思います。

スポンサーリンク

スポンサードリンク

失敗しないネイルサロンの選び方

判断基準①つ目

サロンの雰囲気が伝わる

場所はどこであれ実際に中に入るまでどういったところか分からない。
雰囲気が分からないというのはとても怖いことだと思います。
入ってみたらうす暗くて気味が悪かった。汚かった。
ということもありました。
サロンが大きくても、小さくても店舗の雰囲気が伝わるお写真が
たくさん掲載してあることが重要です。

判断基準②つ目

ネイルギャラリー

ネイルギャラリーが多いところはそれだけ実績があるということです。
めんどくさくてギャラリー掲載をしない人も多いですが、やはり、ネイルというお仕事は
とてもマメなことが重要だと思いますし、なによりお客さんのことを考えて、
イメージがわきやすいように用意したり、仕上がりに少しでも喜んでほしい、イメージに合った仕上がりにしたい
という思いからギャラリーを掲載していることにホスピタリティも感じられます。

判断基準③つ目

スタッフ紹介

どんな人がネイルしてくれるだろうというのはというのはとても気になるところだと
思います。写真で得られる印象はけっこうあり、そこを隠しているサロンは
お店に行った際によりギャップが大きくなると思います。
※名前が書いてある、なしは特に気にしなくて大丈夫です。

ネイルサロンでブログをやられているところも多いと思います。
そちらで、スタッフさんの人となりやサロンの雰囲気がすごくわかると思いますので、
そちらも参考にしていただければと思います。

判断基準④つ目

アクセス情報

どの駅で降りて、何口を出て、どこを曲がってなど細かくサロンまでの道のりを
書いてくれているところはそれだけで親切心を感じます。

判断基準⑤つ目

料金設定がわかりやすい

これに関しては、最近ですとどのサロンもほぼ掲載している情報ですが、
やはり載っていないところは論外と考えていただければと思います。
また、その掲載されている料金情報が分かりやすいというのも重要です。

 

まとめ

上記に該当していなくても素敵なサロンはもちろんあると思いますが、
実際の経験をもとにお話させていただきましたので、
ネイルサロン選びの指標にしていただければと思います。

以上、参考までに。

 - ネイルサロン, 美容業界